【糖尿病とは?|血糖値を下げるアミノ酸ALA情報】

幅広い合併症のある恐ろしい病気

 

「アラプラス 糖ダウン」の購入はコチラ

 

糖尿病とは?

血糖値が異常に高い状態が続く病気です。

 

体中の微小な血管が「糖化」という現象で破壊されることにより、さまざまな臓器に障害が出ます。

 

それがさらに別な病気を呼び起こし、幅広い合併症がある危険な病気です。

 

わかりやすい症状としては、水を飲んでも飲んでものどが渇くということがあります。

 

血中のブドウ糖(グルコース)は普通は腎臓によって回収されますが、糖尿病では回収しきれずに尿中に放出されます。

 

これが病名の由来です。

 

糖尿病の種類

大きくは1型と2型があります。

 

どちらもインスリンという血糖値抑制ホルモンを出す、膵臓のランゲルハンス島という器官の異常が関係しています。

 

1型糖尿病

たいてい子供の頃に発症するもので、生活習慣病としての糖尿病はこちらではなく、糖尿病患者全体に占める率も低いです。

 

1型では、自己免疫疾患などでランゲルハンス島が破壊されてインスリンが出なくなってしまいます。

 

2型糖尿病

生活習慣病としての糖尿病はこちらの方です。

 

中高年になって発病している人はほとんど2型です。

 

ランゲルハンス島の障害とともに、インスリン感受性の低下(インスリンが出ていても効きが悪くなる)が関係しています。

 

原因は遺伝的因子と悪しき生活習慣の複合です。

 

つまり糖尿病になりやすい因子を持った人が、暴飲暴食・運動不足の生活を長く送った時になりやすいということです。

 

その他の糖尿病

純粋に遺伝性の糖尿病、他の疾患によって惹き起される続発性糖尿病、ステロイド剤の長期服用によって引き起こされるステロイド糖尿病、妊娠中のみ血糖値が異常をきたす妊娠糖尿病などがあります。

 

いずれも特殊な病気であり、一般には2型糖尿病を念頭に置けばよいです。

 

糖尿病の症状

水を飲んでも飲んでものどが渇き、飲んでは排尿を繰り返すという状態がまず現れます。

 

典型的な合併症は、視力低下・失明、腎臓障害、神経障害など。

 

さらに、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、アルツハイマー型認知症、悪性腫瘍などの発病率が明確に高まります。

 

糖尿病はさまざまな病気を呼び寄せる危険な病気なのです。

 

糖尿病の治療

まずは食餌療法と運動療法が指導されます。

 

炭水化物とアルコールを控え、食事パターンも改善します。

 

糖尿病患者向けに開発された食品もあるので、大いに活用したいところです。

 

運動は、速い歩行、ジョギングん、水泳、エアロビクスなどの有酸素運動と、ウェイト・トレーニングや水中歩行などのレジスタンス運動が良いとされています。

 

ただし、慢性期合併症がすでに出ている場合は運動療法は避けるべきとされています。

 

食餌療法と運動療法だけで血糖値が正常化しない場合、経口血糖降下薬、つまり血糖値を下げる飲み薬が用いられます。

 

それでも不十分な場合はインスリンを自分で注射することになります。

 

 

 

このように糖尿病は危険な病気であり、治療も大変です。

 

美味しいものも食べられないし、お酒も飲めないし、あらゆる病気の心配が増えます。

 

生活の質(QOL)が著しく低下し、生きている楽しみの多くが奪われます。

 

症状が進まないうちに自分でできるケアはしたいものです。

 

アミノ酸ALAのサプリなども積極的に取り入れていただきたいものです。

 

「アラプラス 糖ダウン」の購入はコチラ