【血糖値の測定と病気|血糖値を下げるアミノ酸ALA情報】

血糖値は健康の重要な指標

 

「アラプラス 糖ダウン」の購入はコチラ

 

血糖値とは?

血糖値とは血液に溶け込んでいるブドウ糖の濃度です。

 

ブドウ糖は単糖類といって最も単純な構造の糖の一つで、動植物のエネルギー源になります。

 

体中にエネルギーを届けるために血液に溶け込んで運ばれるのです。

 

血糖値の正常値は?

健康な人の場合、空腹時の血糖値は80-100mg/dL程度で、食後2時間くらいは少し高く(140mg/dL程度)なりますが、しばらくすると元に戻ります。

 

血糖値が低くなりすぎるとエネルギー不足でまず脳が動かなくなります。

 

逆に高すぎる状態が続くと、「糖化」と呼ばれる反応で体中の微小血管が破壊されていきます。

 

その結果、眼や腎臓をはじめとするさまざまな臓器が異常をきたします。

 

そのため、血糖値の範囲は一定に保たれるしくみになっているのです。

 

血糖値調節のしくみは?

血糖値を一定範囲に保つコントロールをしているのはホルモンです。

 

血糖値を下げる作用があるのがインスリンで、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌されます。

 

逆に血糖値を上げる作用を持つのがグルカゴンで、膵臓のランゲルハンス島のα細胞から分泌されます。

 

主にはインスリンとグルカゴンが血糖値のバランスを取っています。

 

このほか、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンが血糖値を上げる作用を持っており、それぞれ必要な場面で登場します。

 

高血糖の症状は?

血糖値が正常値を越えても、短期間では特に症状が出ない場合も多いです。

 

しかし、慢性的に続くと腎障害、神経損傷、心筋損傷、糖尿病性網膜症などのさまざまな症状が出ます。

 

多すぎるブドウ糖(グルコース)は腎臓で回収しきれなくなり、尿中に排出されるようになります。

 

高血糖状態が常態化する病気の代表が糖尿病ですが、糖が多い飲料を毎日飲みすぎるだけでも近い病気になります。

 

ペットボトル症候群とも呼ばれる、糖尿病性ケトアシドーシスです。

 

人間にとって血糖値を抑える機構はインスリンのみであり、血糖値上昇にはとても弱い生き物といえるのです。

 

血糖値の上昇が気になっている人は、アミノ酸ALAサプリなども使って、抑制に気をつけていただきたいものです。

 

低血糖の症状は?

空腹、あくびで始まり、倦怠感が強くなり、最終的には意識を失います。

 

病気でなるほかに、糖尿病治療薬などの薬が原因で引き起こされることもあります。

 

血糖値異常の代表的な病気

高血糖 糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症、膵炎、肝炎、肝硬変など
低血糖 インスリンノーマ(膵島線種)、糖原病、肝臓がん、ガラクトース血症など

 

「アラプラス 糖ダウン」の購入はコチラ